• HOME >>> 
  • 修復歴車とは
修復歴車とは
修復歴についてきちんとした情報はお持ちですか?

修復歴は財団法人日本自動車査定協会と一般社団法人自動車公正取引協議会、一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会などの統一基準として定義されており自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるものとされています。したがって、車の骨格部位を交換したり、あるいは修復したものが修復歴ありとなります。

修復歴の対象となる部位は以下の通り

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア

①から⑧は骨格部位に損傷があるもの又は
修復されているものは修復歴となります。

では修復歴なしと表記された車は修理などはしてないのでしょうか?
残念ながら必ずしもそうとは言えないのです。例えばドアが凹んだので鈑金修理をしたりした場合の事例では
骨格部位ではありませんから修復歴有とはなりません。

でも修復歴車を買うメリットってあるの?

上記に挙げたように修復歴の表記は有・無のみですから
修復歴有となる車両の中にはその度合いがとても軽微なものがあり、そうした車両はお安く買えます。

Bピラー Bピラー クロスメンバー ルーフ

一方のデメリットはと言うときちんと修復されていない車両の場合、真っ直ぐ走行しているにも関わらずハンドルは右に切れてしまったり、高速走行でふらついたりといった症状が出ることがあります。(これは問題外ですね!)

では修復を要する箇所が軽微な場合できちんと修理や交換がされている車両が
相場よりも安く買えたらいかがですか?

当店は全国50か所以上にも及ぶオートオークションや業者参加の入札会等を通じて仕入れを行っております。年間10,000台以上の仕入れ情報から得たノウハウを基にし、当店が独自に設けた仕入れ基準を満たした車両を仕入れするようにしておりますので著しく状態の悪いお車や走行不明、または走行不能や修復歴箇所が不明といったお車は入庫しないようチェックを行っています。そして当店へ入庫しましたら第三機関の出品表(査定表)と当店オリジナルチェックシート及び公道走行テストにより確認をします。その後にプライスカード・コンディションノートを作成してお車の状態をいつでも分かりやすくご説明出来るようにしています。

コンディションノート

さらに、当店は保証会社とも業務提携をしていますので、修復歴の有・無に関わらず 同じ保証サービスを受けることが出来ます。

修復歴車最大のメリット
専門店ならではの情報量
多くの販売実績から車種毎の多量な情報を持っております。
気になるところはお気軽にお問合せ下さい。
PAGE TOP▲